2009年5月16日 (土)

『みんカラ』ページヘGO !

現在、ネタ不足のため…

ページの更新は『みんカラ』のみ行なっております

よろしければ、そちらをご覧くださいませ。。。

みんカラ版『hide-Gの館』URL  http://minkara.carview.co.jp/userid/298615/profile/

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年12月10日 (水)

焼肉忘年会 其の3(最終回)

Tower2 焼肉忘年会の次の日(日曜日)は昼ごろまで爆睡してから品川のホテルをチェックアウトし、八王子に向かうことにした。

またまた赤羽橋交差点から東京タワーを撮影。

   今度は首都高から中央自動車道へのルートである。途中ユーミンの『中央フリーウェイ』に出てくる♪右に見える競馬場、左はビール工場♪を探しつつ(防音壁でよく分からなかったが)40分ほどで八王子に到着し、大学の学生寮に迎えに行った。

Ryou1 Ryou2

  2009年の3月まで住んでます。(1回生の間だけ)

 

  ここで長男と合流し「都内に遊びに行こう!」ということになり、オタクの聖地アキハバラを初訪問することにしたが、ここで痛恨のミスを犯してしまった。hideは「次回、八王子に行ったら、北島三郎さんの家を見に行くぞっ!」と決め、グーグルマップのストリートビューで下調べまでしていたのに(寮のスグ近くなのだ)すっかり忘れて高速に乗ってしまったのだ。くそー、サブちゃんの家の前にBMWを停め、記念撮影する予定だったのにぃ…(滝涙)

   気を取り直して高速を走っていると長男が「友達が原宿に行ったらしい。」みたいな話をした。「んっ!原宿もエエなぁ~。」と思い、急遽針路変更することに…走りながらナビの目的地を変更すると、スグ先の「新宿外苑出口を降りろ」との指示が。ギリギリセーフでした。

Harajuku

Takesita

有名な「竹下通り」…クレープ屋の前にも行列ができている。

   

   原宿には到着したが、まるで祭りでもやっているような人の多さに驚きである。何とか駐車場を探して、街を散策したが、まともに歩けないほどだ。…特に祭りもやっていなかった。
そこで、今話題の「H&M」を見に行くことに…やはり予想はしていたが、入店口には長蛇の列が。こんなに並んで服買うこともないやろ。いずれ大阪にもできるやろうし。ということで次なるスポット「表参道ヒルズ」ヘと向かった。

Hills1

ここのロゴ・マークはオモシロイ。

Hills2 この建物は変わっている…らせん式回廊とでも言うのだろうか。外周を回っているといつのまにか最上階に着く。ただ目的の店に行くのに「どう行ったら最短距離か?」が分からなくなるかも。

 

 

 

  原宿をしばし観光したあと八王子に戻り、駅前のそごうで夕食の後、長男を寮まで送り大阪へと帰路についた。途中の中央道では外気温が0℃になっていたが(E90の温度計は見るからに正確そうだ。)この25日前後は路面凍結しないか心配である。←冬休みで迎えに行くので。

Odd 今回の総走行距離は1,244㎞。楽しい『BMW 走り納め』だった。

|

2008年12月 9日 (火)

焼肉忘年会 其の2

Sankeien  東京タワーの見える赤羽橋交差点を、品川方向から左折するとすぐに首都高芝公園入口である。ところどころ渋滞はあるが、スムーズに車は流れているようだ。

   カーナビのHDDオーディオからはタイミング良く「武士道は首都高速ですか?」と矢島美容室の歌が流れてきた。彼(彼女?)らと一緒にハモりながら30分ほどで都営三田線「蓮根駅」 (本当はハスネと読むらしい…レンコンではなく。)の近くの焼肉屋三恵苑に到着した。店のすぐ横にあるコインパーキングに駐車したが、hideが入庫した直後に出庫用の精算機が故障したらしく、係員が2人来て機械をバラバラにして修理を始めた。おかげでまだ駐車スペースは空いているのに『満車』表示が出て、あとの方々はここに駐車できず、あちこちに分散してしまったようだ。帰る頃には無事復活していた。

   20時からスタートした焼肉忘年会は、ほとんどがクルマで来ているので、大のオトコが20人も集まっているのにウーロン茶だけで乾杯である。ホントは生ビールをクーっと行きたいところだがガマン・ガマンだ。飲酒運転は御法度だもんね。

Yakiniku1 Yakiniku2

Yakiniku3

子どもさんが大きくなってる!

Yakiniku4 Yakiniku5

Yakiniku6 って事は自分もトシ食ってる。。。

   楽しい宴は23時過ぎまで続き、そこから一部メンバーと「イタ会」の開催場所である、近くのロイヤルホストに移動し、閉店時間の2時前までウダウダ。旧知の仲間も新しいメンバーさんも「クルマ大好き!」という原点から話が展開し、すぐに打ち解けあう。これこそがこの集まりの魅力なのだと思う。

   品川のホテルに戻ったのが3時前、次の日は八王子のムスコの所に行くことした。(すでにメールで連絡を取っている。)チェックアウトを14時まで延長しておいて良かった。(会員だとタダ!)

to be continued … まだまだ引っ張る。

|

2008年12月 4日 (木)

焼肉忘年会 其の1

323  さて、今年も残りわずかとなり(少し早いような気もするが)忘年会シーズンに突入である。hideは昨年に引き続き、東京・板橋で11月29日(土)イイニクの日に開催された通称「イタ会」の焼肉忘年会に参加することにした。

   

   今回は土曜日の仕事を休みにして、金曜日の夜中2時前にルマン・ブルーちゃんのお披露目を兼ねて自走で大阪を出発した。現在ETCの深夜割引が50%となっているため、大変お得である。 (大阪―東京で片道5,000円ちょっと!)いつものように伊勢湾岸道 のそばのサーキットで最高速チャレンジ。この日は強風のため、いつもより少し抑え気味に走ったがナカナカのもんである。

Speed 

注:画像は合成です。

速さもさることながら、ルマン・ブルーちゃんの小食ぶりには感心する。自宅そばのガソリンスタンドで満タンにして出発したが、東京手前の海老名SAに行ってもまだ半分近くのガソリンが残っていた。前車のE38-750ではギリギリ、ヒデグランドではここまで走れない。(所要時間はまったく同じ。)大体、街乗り8キロ・高速12キロくらいの燃費である。お財布に優しい(環境にも優しい)おりこうさんだ。

Rexinn  レックスイン川崎

 

7時前に川崎駅近くのカプセルホテルに到着。ここは以前宿泊したことがあり、とても快適だったので今回初めてデイ・カプセルなるものを利用してみた。このコースは午前5時から午後6時までお風呂・サウナ・カプセルが2,625円で使えるというもので、到着して風呂に入って、朝食を食べつつビールをグビグビ。そのままカプセルに転がれば、まさに極楽気分だ。あまりに気持ちよかったので、ついつい14時ころまで爆睡して出発したが、クルマの駐車料金が2,000円だったのにはマイッタ。(風呂にも入ってないのに…)人間と変わらへんやんけ!  ムリに高速の深夜割引を使うことないような…気のせいだろうか?気持ちイイから良しとしよう。

Prince1 Prince2

  ここは24時間、駐車場無料!

 

その後、予約してある品川のホテルにチェックイン。クリスマスの飾りがとってもキレイだった。品川近辺をブラブラしつつ、時間になったので会場へと向かうことにした。

Tower1

 

 

  途中またも赤羽橋交差点から東京タワーを撮影 …実はhideは子供の頃からかなり東京タワー好きである。 「あそこでこのクルマを買ったんやな。」などと思いつつ、会場の焼肉屋に向かうのであった。

to be continued … ネタがないので引っぱる

|

2008年10月18日 (土)

またもや八王子!

Honbutou_4  10月12日~13日の連休中、hideは特に予定はなかったが、高校生の次男も2日間まったくフリーということで急きょ、長男の通う八王子の大学の学園祭に行くことにした。次男はE90初乗車である。

  朝6時すぎに出発し、昼すぎには八王子着。普段は中に入れない講堂や本部棟もイベント時なので開放されており、様々な展示やクラブの発表などが行なわれている。

Koudoumae

講堂前で次男と。

Koudounaka

講堂の2Fロビー

Koudouroby

2Fロビーよりエントランス方向

Club Clubengi

中ではクラブの演技などが行なわれていました。

Honbutouroby

本部棟ロビーで、レオナルド・ダビンチと記念撮影。

Mogiten

模擬店もたくさん。「お好み焼き」は激マズでした…学食のカツカレー(400円)は美味。

Adbaroon

昔なつかしい、アド・バルーンも上がっている。

   hideにとって何十年ぶりの学園祭だったが、なかなか面白かった。そういえば、その昔、学祭といえばナンパであったが、まさかここで「おネェちゃん!オレのBMWでドライブ行けへん?地デジも見れるで。」と誘うわけにもいかないので、おとなしく帰路についた。

しかし、今年に入って何回東京に自走しただろう。(数え切れない。)新幹線で行って、クルマ買って帰ったこともあったし…

|

2008年10月 7日 (火)

『バイ菌』って?

Baikin_4   先日のテレビ番組の中で、民主党副代表の石井 一氏が公明党のことを『バイ菌のようだ。』という主旨の発言を行なった。これは多くの有権者の支持を受けた公党ならびにその支持者に対し極めて失礼な発言であるが、このような発言を行なう人物が次期衆院選での政権交代を目指す大政党の副代表のままで良いのだろうか?またその任命責任は一体誰にあるのだろうか?(もっとも彼は前回の衆院選で落選の憂き目にあい、浪人の後、参院比例区に回ったという経緯から『憎さ百倍』なのだろうが。)

   あまりにもクヤシイので、彼の言う『バイ菌』の実績の一端を見てみると…ご存知のように日本の社会は極端な少子高齢化が進んでいる。2055年には1.2人の労働力が1人の高齢者を支えなければならないという危機的な状況である。これを少しでも緩和するために公明党は『子どもを産み、育てやすい』環境の整備が重要であると、育児手当の拡充や乳幼児医療費の無料化などを積極的に推進してきた。その効果もあってか、近年の出生率は少しずつ上昇に転じているらしい。(事実、子どもが3人以上という家庭も増えてきたように思う。)こういう大事な党の政策が実現できるからこそ、与党となっているのだ。

   さらに言えば、育児手当の拡充についての法案に反対したのは、ほかでもない民主党である。 (この時は『何でも反対!』がウリの代々木にあるアノ党まで賛成したのに。)今ごろになって『こども手当ひとりにつき2万6000円』などと言っているが、これは扶養控除の廃止を伴うマヤカシにすぎない。

   また、このブログを読まれているかたはクルマ好きが多いので紹介させていただくと…「公明党は高速道路料金の引き下げを一貫して訴え、政府の総合経済対策に盛り込まれました。すでに、ETC利用者に対し、9月16日からは平日午後10時~午前零時で料金を3割引き下げ、土日と祝日の午前9時~午後5時には料金が半額になっています。さらに10月中旬からは平日深夜(午前零時~4時)の料金が半額になります。引き続き高速道路料金の引き下げを継続させるため、国土交通省の来年度予算概算要求にも予算が盛り込まれました。また首都高速、阪神高速道路では、距離に応じて料金が上がる「距離別料金制度」が導入される予定でしたが、長距離トラックなどには大きな負担なため、公明党の主張で導入が延期されることになりました。」ということだ。(http://www.komei.or.jp/  公明党HPより抜粋)

  これについても高速道路を『完全無料化』したら一体どうなるのだろうか?高速道路が一般道バイパスのようになり流入する車が激増し、さらに渋滞がひどくなり、まったく高速どころではない。またその渋滞緩和のための新線建設や既存路線の保守・管理費は税金から支出されることになる。 (まったくクルマを利用しない人も負担することになる。)ETCの機械もムダになるがな。

  実績をすべて紹介しようとすると容量を超えてしまうので、このくらいにしておくが(本当は書くのがメンドくさい。)我々が『バイ菌』でないのはお分かりいただけただろうか?しいて言えば『ビフィズス菌』みたいなもんやな。善玉菌が増えれば悪玉を駆逐するのである。前述の石井某などは、どう見ても悪玉顔やし。

|

2008年10月 1日 (水)

ファミリエ2008

Blue1_2    さて、久々の更新である。もうすでに先月のことになってしまったが、hideは9月14日、富士スピードウェイで開催されたBMW familie 2008に行ってきた。元々この日は重要な会合の予定があったのだが、ドラえもんに出てくる『のび太』が老けたような前首相が突然の辞任表明をしたおかげで、その時点で決まっていた日程がすべてキャンセルになり突然参加できるようになったのだ。その代わり11月2日まで超過密スケジュールなのだが…(謎)

Buluerear_2   それはさておき、当日は高速が深夜割り引きになるよう、大阪を深夜3時に出発し8時すぎには現地に到着。途中の伊勢湾岸道(弾丸道ともいう?)では、慣らし運転もそろそろ終わるルマン・ブルーちゃんの最高速にチャレンジしてみた。…この地点での音速を時速1000㎞(計算しやすいので)と仮定するとマッハ0.23まで確認できた。到達までの時間もそう長くは感じない。また空力特性が良いのかその速度域でも非常に安定しているため、もう少し出せそうだったが、hideの災害死亡保険金(割増)を受け取ってほくそ笑むヨメの顔が瞼に浮かんだので、今回はここまでとした。

   富士に到着してから、今回初めてクラブブースを出した(いつも吹田オフでお世話になっている。)@KANSAIのKAZE36さんやLIFE OF SEVENの方々に挨拶し、入場ゲートでもらった抽選券で当たった始発のサーキット・バスに乗ることにした。

Busstop Busside_2

Busfront_2

   

 

 

   

   ひっくり返りそうになりながら、バスなりに頑張ってコーナーを攻めてました。(時速100㎞くらい出てるらしい。)しかし観光バスの座席に座ると、ビールとおつまみが欲しくなるのは私だけだろうか?

   そして本格的なサーキット走行会に、お友達のGONさんがM6で参加していると聞き、見に行った。ドライバー自身の重量増加はテクニックとクルマの性能でカバーし、首位独走だったらしい。

Gonm6_3 Gonsan_2                                       

    しかし、この腹はナイやろ~。

    ルーフをカーボンにした分は帳消しやな。 

   その後、各メーカーなどのブースを見学したあと、昼食はワゴン販売のカレーを食べたが(いつも食べる)ここのカレーはなかなかウマーである。

Curry

おいしいヨ!

   

   

   昼食後、いつものように眠くなったので「ここでクルマの中で昼寝するか?」「渋滞を避け早めに帰宅するか?」を迷ったのだが、パレード走行も飽きているので後者を選択し、18時前には帰宅した。天候にも恵まれ、いい慣らしドライブだった。…hideが帰ったあと富士は雨だったらしい。あの往年のパワーは健在なのか?

|

2008年8月30日 (土)

久々のレンタカー

Hiace2   半月前の話であるが、8月16日に母の三回忌の法要を兼ねて、富士宮まで墓参りに行ってきた。昨年に引き続きhide家恒例の『日帰り弾丸墓参りツアー』である。

   

   このツアーに今回は初めてレンタカーを利用した。というのも、大人(それもLサイズ)7名乗車となるため、我が家のヒデグランドでは3列あるシートのうち必然的に2列目が3名横並びとなる。(3列目はシートの真ん中が出っ張っているため、長距離は無理。)昨年、ギュウギュウ詰めになった2列目の面々は「お前、もっと小さく座れ!」などと争いの連続であった。確かにルームミラーごしにうしろを見ただけで暑苦しい。このため今年は4列シートのクルマを借りることにしたのだ。
Hiace1 Hiace3

借りたのはトヨタ・ハイエース・グランドキャビン(10人乗り)

スペック…全長5.38m×全幅1.88m×全高2.38m 高速SAでは大型車枠じゃないとハミ出ますヨ!

排気量2700㏄ 151馬力  なんとDOHC! ツインカムにした意味は何??

重量(乾燥)2130kg  1馬力あたり14kg  しょぼっ。

   車内は広々4列リクライニング・シート(2-2-3-3)のため楽チンである。もう醜い争いも起きない。装備もETC・DVDナビ・CDにバックカメラ…車庫入れの時にはハンドルの切り角に応じたラインまで表示される。エアコンも広大な室内全体ビンビンに効く。これで24時間のレンタル料金は2万5000円ほどだから安いものである。「なかなかエエやん!」と思ったのだが、一般路から高速道に入って重大なことに気づいた…予想はしていたが、とっても遅いのである。低中速重視の設定のためか80キロくらいまではストレスなく加速するのだが、そこから伸びない。いつもの100キロ+ちょっぴりαを維持して高速を走ろうと思うと、時にはATをマニュアルでシフトダウンして思いっきりアクセルを床まで踏み込まないといけない。(坂の多い新名神などはベタ踏みだった。)高速・高回転になると運転席シート下のエンジンは大きな唸り声を上げ、今にもクルマ全体が分解しそうである。 (タコメーターを見ると、レッドゾーンまではまだ余裕。さすがDOHC!)助手席に乗った次男は「このクルマ、今までで一番過酷な使い方されてるやろな。」とつぶやいている。それでも伊勢湾岸道で、ぬえわkm出ましたけど。

Tomei1 Tomei2

東名から富士山を望む。

この時期にしてはキレイに見えたほうかな? 

 

   横風が吹くたびにフラフラしながら、予定通りの行程をこなし、無事に法要・墓参を済ませて帰宅。床まで踏んだアクセルをさらに力を入れて踏むので、おかげで右足がつりました。「やっぱりヒデグランドのほうがエエわ。」と思うが、家族からは大好評であったため次回もこのパターンになりそうだ。…もう少し早くて、オーディオにAUX入力があれば良いのになぁ。

|

2008年8月10日 (日)

『東京タワー』みやげ ~詳細編~

Umihop   その突然の出来事の発端は『海ほたる』から始まった。出発しようとhide号のドアを開けた時、samさんから「明日の昼食を一緒にどうですか?」と誘われた。日曜日に急いで大阪へ帰らなければならない用事もなかったので「もちろんOKです。」と返事したのである。これが第一の伏線。

Photo001   翌日昼にsamさん夫妻と連絡をとり合い一緒に、宿泊したホテルからほど近い複合施設『ゲートシティ大崎』に向かい、そこでGONさん・Kaz&Kaoさん・TERU&YUKIさんと待ち合わせ、この中にあるイタリアンレストラン『MANO MAGIO』で昼食会となったのだ。おいしくパスタやピザをいただき「さぁ、帰ろうか?」となった時、samさん・GONさんから「これからM3のDCT」の試乗にBMWのディーラーに行くけど、hideさんも来る?」という話が出た。M3の新車に乗る機会なんてこれからも絶対無いだろうし「行きま~っす!」となったのである。これが第二の伏線。

…ここからいよいよその瞬間が近づいてくる。…

Sign   まさに金魚のフン状態で辿り着いたのが、東京タワーのすぐヨコにある『Abe BMW』というディーラーであった。そこには発売になったばかりのX6がショールームのメインに鎮座している。(このクルマを見に来てる人が多かった。)しかしこんなデカイ車は大変だろうな~。(しかも4人乗り)行った先の駐車場を選ぶしな~。などと思っているとM3の試乗車が戻ってきてhideはGONさんの運転で助手席へ。ものスゴイ高性能なクルマなのだが、都内ではその持てる力はまったく発揮できないのがよく分かる。途中でGONさんから「運転代わる?」と言われたが「絶対買わないからイイです。」と辞退した。壊したら大変やし…。

  そしてショールームに戻り、アイスコーヒーなど飲みながら皆さんの試乗が終わるのを待っていると、隅っこに置いてある一台のクルマが目に止まった。それはルマン・ブルー3シリーズ(E90)323 Mスポーツである。第一印象は「エエ色やなぁ~」運転席に座ってみると(これがE90初体験)「そこそこ広いやんか。」「ハンドルもブツブツの皮でカッコ良いな。」などと思いながら外から眺めたり、後部座席に座ってみたりしていると、そこへsamさんの担当営業であるO主任が「このクルマ、2回も契約寸前までいったのにキャンセルされたんですよ~。323というグレードはもうじき無くなるし、今なら出血大サービスしますよ。」と軽く言いながら去っていったのだ。んっ!《出血大サービス》だと?その言葉を聞き逃すはずがない。戻ってきたO主任に「ナンボ負けるの?」と聞いてみると、それはなかなか魅力的な数字。そこへsamさんの奥様が「もっとキレイな数字にしなさいよ!」と加勢して下さり、さらに値引き。この時すでにhideの心は決まっていた。「よっしゃ!買うわ!」一同から「エーッ!」という驚きの声が。O主任も「本当に買うんですか?」と言っている。「あんたが出した見積もりやでっ!」

   そしてその場で契約書にサインして帰ったのである。この間わずか40~50分の出来事であった。まさに『ひとめぼれ』だ。このクルマが他の色なら買わなかっただろうし、Mスポじゃなければこんな衝動は起こらなかっただろう。…ふと見ると(契約後も展示車なので)いつの間にか知らないオッサンが乗っている。「コラッ!もうオレのクルマや!勝手に乗るなっ!」(すぐにロックしてもらいました。)売約済みやで。

Nousha1 納車前夜祭のあと、みんなでクルマを下見に行く。(東京タワーの下に止めてある)

Nousha2 Nousha3

   

 

その後、登録へ向けての手続きも無事完了しルマン・ブルーのhideⅡ世号はめでたく7月27日晴れ渡る空のもと、東京タワー下で納車されたのだ。…O主任も生まれて初めて付ける『なにわ』ナンバーに手が震えたそうである。…あなたが売ったんでっせ!

Osyunin

O主任と納車記念ショット…これからもヨロシク!何かあったらスグ東京来るでっ。

  新しいBMWとの(突然の)出会いが、また新たな歴史を刻んで行くことだろう。

…このブログ内で以前、赤羽橋交差点から東京タワーを撮った写真があったが、このディラーが写りこんでいる。(何か縁があるなぁ。)

|

2008年7月31日 (木)

『東京タワー』 みやげ

Tokyotower 東京タワーのおみやげ言えば…

普通は

2106_05

こんなの…ですが、

hideのおみやげは…

  紹介します。なにわのルマン・ブルーちゃんです。

Usiro 

Mae

先日(27日)お持ち帰りしました。毎晩、楽しくて乗り回してるので、ご報告が遅れました。

ことの経緯は次号で…

|

«2008年『七夕』オフ